撥水防虫網戸 UVプラス

従来の網戸ではどうしても細かい虫が侵入したり、雨が侵入します。撥水防虫網戸は、食品・医薬品などの製品への害虫の混入防止の為、生産工場と共同で開発されたHACCP.GMP.ISO9001.ISO14000 対応商品です。

食品、医薬品、印刷工場や乳幼児保育所など一般家庭に至るまで生活害虫対策、夕立など大粒の雨は通しにくい為、一般住宅、マンションの網戸から農業ハウスのトンネル、ハウスサイドの通気ネットにも使用されます。また、人に優しい天然防虫忌避剤(ヒバウッド)を付与した画期的な網戸です。
網戸の目のすき間から侵入してくるユスリカ類(蛍光灯のひかりにあつまる小さい虫)の侵入を防ぎ、臭いに集まるコバエ類(2〜3o)などの小さなハエも当社の撥水防虫網戸なら進入を防ぎます。

撥水防虫網戸表面
撥水防虫網戸表面
  ユスリカ類(蛍光灯のひかりにあつまる小さい虫)
害虫


仕 様


品   名 撥水防虫網戸
素   材 ポリエステル100%
使用原糸 ポリエステルセミダブル  75d - 36f
サ イ ズ

100cm×100m乱ロール 、 200p巾×50m乱ロール

仕上風合 アクリルエステル架橋樹脂塗布 7.8%± 硬仕上
強  度 L-1096 タテ20s以上 / ヨコ10s以上
伸  度 L-1096 タテ35%以下 / ヨコ65%以下
乾熱収縮 L-1018 80℃ タテ1.0%以下 / ヨコ1.0%以下 
色  目

グレー、黒

変退色日光堅牢度 繊維製品 JIS L-0842 4.0級<
撥水グレード 繊維製品 JISによる  80<

 

効果・特徴

撥水防虫網戸は、ポリエステルマルチフィラメント糸を縦糸として太い補強組織の18メッシュとし、一方横糸は40メッシュとし糸の間隙は0.6o以下とし画期的に防虫効果をアップしました。
通風性を保つ為、細い高密度化繊維により微小昆虫のハエ、ウンカ、ユスリカ、コナジラミ、アザミウマ、ハモグリバエ等の微小昆虫の侵入が出来ない構造となっています。更に自己架橋方のポリエステル樹脂に反射率の異なる樹脂などを微量添加することで通気性をあまり下げずに多少のブラインド効果も付与した従来にない画期的な防虫網戸です。
なお昆虫の種類によって更に薬剤ヒバウッド(天然ヒバ由来の防虫忌避剤)を塗布することで、防虫忌避効果を更に強調することができます。撥水防虫網戸は、夕立などの大粒の雨は通しにくい為、サッシの網戸として、雨が入りにくくマンションの網戸から農業ハウスのトンネル、ハウスサイドの通気ネットにも使用されております。

 
撥水防虫網戸
一般品
網戸表面
撥水防虫網戸
撥水効果
一般網戸

 

メッシュサイズ
通気性
網戸なし
100%
撥水防虫網戸
40メッシュ
74%
一般防虫網戸
24メッシュ
66%
一般品
18メッシュ
70〜80%

 

撥水防虫網戸はポリエステル繊維を38編みして1本の糸にしています。その為、微細な毛羽ができ、それがμ(マイクロ)凸凹を作りだしハスの葉やアメンボの足、ハトの羽などの原理で撥水させています。
※但し大きな雨に限る

 

施工作業

撥水防虫網戸は、従来の網戸に比べポリエステルマルチフィラメント糸を使用している為、高密度でホツレにくく、ソフトタイプで作業性がよい。
一般の網戸の張替え作業と同じ手順でOK


カタログはこちらからダウンロードできます。
商品のお問い合わせ、ご相談はこちらからどうぞ。

自社開発商品

化学工業薬品の総合商社 宮崎化学

KESステップ1登録

京都市オスカー賞受賞

きょうと男女共同参画推進宣言 「京都モデル」ワーク・ライフ・バランス推進企業認証制度